お知らせ

【注意】お盆を過ぎると増える?クラゲの被害【海水浴】

acbda4a2064981e501e4e3796e7ed6ab_s

夏休みも中盤近くまでやってきました。みなさんもう海には行きましたか?楽しい海水浴ですが、これから増えるのがクラゲの被害。安全に楽しく海水浴を楽しむためにもクラゲには気をつけましょう。

クラゲ対策は万全に!

すでに海水浴やサーフィンをしに海に行ったよというみなさん、クラゲに刺されたりはしませんでしたか?海でクラゲに刺されたことがあるという人は少なくないと思います。
日本海側と太平洋側や地域によっても差はありますが、お盆を過ぎると増えるといわれるのがクラゲの被害。海に入る際は、ラッシュガードなどで肌の露出を少なくしたり、クラゲ対策用の日焼け止めを使ったりして、クラゲに気をつけましょう。クラゲが危険なのは水中だけではありません。浜に打ち上げられて死んだクラゲにも毒が残っていることがあります。無毒な種類のクラゲもいますが、クラゲが落ちていても基本的には触らないようにしましょう。

 

中には猛毒を持つクラゲも

  1. 一番よく見るのはミズクラゲ
  2. クラゲの触手は海中で見えにくいので注意
  3. 海岸に打ち上げられたカツオノエボシ

海でいちばんよく見かけるミズクラゲは毒性も弱く、刺されてもあまり痛みを感じないため刺されたことに気がつかないこともしばしば。お盆以前にも結構見かけますが、前述の通り毒性が弱いので危険性はあまりありません。
海水浴中にビリビリした痛みを感じる時、その多くはアンドンクラゲに刺された場合です。お盆あたりから特に数が増え出すのはこのアンドンクラゲ。刺されたところはしばらくミミズ腫れのような跡が残ることも。刺された瞬間は激痛が走りますが、大事に至ることは少ないです。とはいえアナフィラキシーショックを起こす可能性もあるので十分に注意が必要です。
海水浴でよく遭遇するのはこのミズクラゲとアンドンクラゲですが、中には刺されると命に関わるほどの危険があるクラゲも。
特に昨年の夏、京丹後市の海岸にも漂着したカツオノエボシは非常に強力な毒を持っています。正確にいうとクラゲではないのですが、電気クラゲとも呼ばれておりクラゲのような見た目をしています。綺麗な青い色をしていますが、そのため海中で見つけにくく周囲を非常に長い触手が漂っています。
また、カツオノエボシは海岸に打ち上げられていることも多いですが、見つけても絶対に近寄ってはいけません。打ち上げられたものにも毒は残っており、触手が周囲に散らばっている可能性もあります。

危険をきちんと理解して楽しい海水浴を!

  1. 落ちているクラゲも触ってはいけません
  2. 怪我や事故なく海水浴を楽しみましょう

海で遊ぶのが一番楽しい季節ですが、クラゲやカツオノエボシのように毒を持つ生き物は身近なところにいます。クラゲが多い時は海に入らないようにするなどの対処が必要です。特に、カツオノエボシなどの危険な生き物がいる場合は絶対に入らないようにしましょう。また、毒を持つ生き物がどういった見た目をしているのか、どのような所によく現れるのかといったことを学ぶことも大切です。

海は楽しいところですが、毒を持つ生き物以外にも様々な危険が潜んでいます。思いっきり海を楽しむために、海のことを学んで、怪我や事故なく遊びたいですね。

  • 「【注意】お盆を過ぎると増える?クラゲの被害【海水浴】」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/article/?p=1783" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. フォトコン
  2. 油屋
  3. 高嶋
  4. アマテラス
  5. 丹後社中
  6. SPE6_1

Pickup

  1. フォトコン
    【京丹後】京丹後市フォトコンテスト

    京都府の最北端に位置する京丹後市。山陰海岸ジオパークに認定されている壮大な海岸線や、リゾート感溢れる…

  2. acbda4a2064981e501e4e3796e7ed6ab_s
    【注意】お盆を過ぎると増える?クラゲの被害【海水浴】

    夏休みも中盤近くまでやってきました。みなさんもう海には行きましたか?楽しい海水浴ですが、これから増え…

  3. 「吉原の万灯籠」(府登録文化財)
    【舞鶴】”東洋のベネチア”吉原の万灯籠 2019年8月1…

    8月16日といえば、京の夏を代表する行事「五山の送り火」が行われる日。この日宮津市では、日本三大燈籠…

  4. 5bb28636ee1cf19c2cc9110d1fb739c6-500x341
    【宮津】【花火】宮津燈籠流し花火大会 8月16日(金)

    宮津市では、毎年8月16日に日本三大燈籠流しの一つ、宮津燈籠流し花火大会(みやづとうろうながしはなび…

  5. 油屋
    【グルメ】海の京都 旬の食材提供店紹介~2019年・夏~…

    先日の記事に引き続き、夏季「海の京都 旬の食材フェア」旬の食材提供店をご紹介していきます。太陽の恵み…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
海と日本PROJECT in 京都
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP