レポート

海と日本プロジェクトバスツアー「僕らは海の報道記者」を開催しました!

s_メイン集合写真

8月26日(土)、海と日本プロジェクトバスツアー「僕らは海の報道記者」が開催され、京都市近郊の小学4~6年生と天橋立(あまのはしだて)に行ってきました!このバスツアーでは、参加した子どもたちが”記者”となり、京都北部の宮津湾の内海、阿蘇海(あそかい)で起こっている問題とその解決への取り組みを取材してきました。

海と日本プロジェクトin京都のPRパートナーとして、告知に協力してくれている舞鶴出身のアイドル・活動家の夏目亜季さんも、子ども達と一緒に”記者”として参加するために駆けつけてくれました!

阿蘇海で起こっている事件について取材

  1. 真ん中の天橋立の左側が阿蘇海、右側が宮津湾
  2. 海に入っている人たちは何をしているのかな?
  3. この山は何の山だろう?何に使うんだろう?

天橋立によって、宮津湾から切り離されたかのような阿蘇海(あそかい)は、水が汚いという問題を抱えています。どうして阿蘇海は汚れてしまったのか? キレイな阿蘇海を取り戻すために何か行われていることは? 阿蘇海をキレイにする取り組みから始まった他の活動は?といったことを見学も交えながら取材しました。

すこし難しいお話もありましたが、みんな熱心にメモを取ったり質問したり、”記者”として頑張っていました!

キレイな海を守るためにできることは?

  1. ”記者”として一緒に阿蘇海で起こっている事件を取材した夏目亜季さん
  2. みんな熱心にお話を聴きながら大事なことをメモしています
  3. するどい質問もたくさん!どんどん聞いてみることも大切です

今回、阿蘇海で起こっている事件を取材した子ども達は、「大きくなったら自分も阿蘇海をキレイにする活動に参加したい。」、「今はまだ小学生なので大きな活動は出来ないけれど、身近に落ちているゴミを拾ったり小さなことから始めていきたい。」など、海をキレイにして次の世代へ引き継ぐことの大切さを実感してくれました。

参加した子ども達はもちろんですが、私たちも身近な活動が海をキレイにすることにつながっているということを忘れずにいたいですね。
今回のイベントに参加した子ども達によるレポートは、後日このサイトで紹介しますのでお楽しみに!

 

海と日本プロジェクト「僕らは海の報道記者」の関連記事はこちら
■「僕らは海の報道記者」~①阿蘇海では何が起こっているの?編~
■「僕らは海の報道記者」~②阿蘇海をキレイにする取り組み!編~
■「僕らは海の報道記者」~③回収されたカキ殻はどうなるの?編~

イベント名海と日本プロジェクトバスツアー「僕らは海の報道記者」
参加人数25人(京都市近郊の小学4~6年生)
日程8月26日(土)
場所天橋立周辺
主催海と日本プロジェクトin京都実行委員会

Pickup

  1. thumb2
    【京丹後】聖徳太子と縁の深い地、網野町間人

    様々な奇岩や絶景など美しい自然を楽しむことができる京丹後市の網野町(あみのちょう)は、聖徳太子と縁の…

  2. さばける塾
    【京都市】海と日本 さばける塾in京都

    “魚をさばく”という行為は、自らの手でその命に触れ、海の恩恵に想いを馳せる、日本古来の技法であり、そ…

  3. s_棚田、場所:新井
    【伊根町】「新井の棚田」稲刈り体験

    伊根町にある新井(にい)の棚田では「伊根と新井の千枚田を愛する会」主催による、新井の棚田の稲刈り体験…

  4. 5f66e6665f275e8ac4f756fb0ab1bb9d_s
    「マリンチャレンジプログラム」~次代の海の研究者~

    次代を担う若い世代が海に関心を持ち、課題解決に取り組む力を育んでほしい。そんな想いから、日本財団と株…

  5. top
    【グルメ】海の京都 旬の食材提供店紹介~秋~(宮津 編)…

    海の京都の旬が味わえる、「海の京都 旬の食材フェア」。この季節は秋が旬のアマダイ(ぐじ)、アオリイカ…

PAGE TOP