お知らせ

【歴史】【京丹後】丹後半島に残る伝説と国の繁栄

丹後松島①

今から約2200年前、秦(しん)の始皇帝は不老不死の薬を欲し、徐福(じょふく)という者に不老不死の薬を探索させました。薬を求めて徐福が向かった地は、東の海に浮かぶ仙人が住む島にある聖地「蓬莱」です。この徐福伝説は日本各地に残っており、その数は全国に20ヶ所以上にのぼります。その内の一つが、現在の京都府北部に位置する丹後半島(たんごはんとう)。

今となっては徐福が上陸したのが丹後半島なのか定かではありませんが、徐福がやってきたとさせるころから、丹後半島は稲作・農耕・鉄製品の加工・機織・酒造り・医療薬学など、秦(中国大陸)からもたらされた技術により発展し、その後「丹後王国(たんごおうこく)」(4世紀~5世紀)が築かれる基となりました。古墳時代、丹後・丹波(京都府中部)・但馬(兵庫県北部)を合わせて「大丹波国(おおたにわこく)」とも言われる勢力の中心地であった丹後には、約6,000基の古墳があり、与謝野町には全長200m級の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)・蛭子山古墳(えびすやまこふん)もあります。

青龍3年(西暦235年)という日本で一番古い年号を記した「方格規矩四神鏡(ほうかくきくししんきょう)」という銅鏡が、京丹後市にある大田南5号墳から出土するなど、古代の丹後地方が大きな勢力をもっていたことを物語る遺物が数多く発見されています。

 

古代王国のロマン

  1. 日本海側府県の中でも最大の古墳・網野町銚子山古墳
  2. 大成古墳群のある高台は、日本海を一望できる絶景スポット
  3. 丹後古代の里資料館の屋外には復元された弥生時代の集落跡も

現在も丹後半島には当時の繁栄を物語る史跡が多く残っています。京丹後市内から発掘された考古資料や、丹後王国の歴史を紹介している「丹後古代の里資料館」も、丹後半島の歴史に触れることのできるスポット。史跡や資料館をめぐって、古代丹後のロマンを感じてみてはいかがでしょうか。

 

京丹後市の寺社仏閣や史跡についてはこちらをご覧ください。

  • 「【歴史】【京丹後】丹後半島に残る伝説と国の繁栄」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/article/?p=447" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 3250130_s
  2. 3431330_s
  3. 5D678BB0-D167-498D-85E8-733D8F3CB26A
  4. E610C79D-AA8C-4A5F-BE30-D832E39E829F
  5. guji_pic
  6. 71074967-5805-458F-987A-0C49E7457BF4

Pickup

  1. 3250130_s
    【豆知識】半夏生にタコを食べるのはなぜ?

    いよいよ6月も終わりに近づき、7月がやってきます。7月の頭といえば半夏生。関西を中心に京都の一部地域…

  2. 3431330_s
    【夏の京都グルメ】初夏の味覚「鮎」

    「鮎(あゆ)」といえば、初夏の京都を代表する味覚の一つ。海から遠かった京都の中心部では、川魚や琵琶湖…

  3. 5D678BB0-D167-498D-85E8-733D8F3CB26A
    【#おうちで海活】紙コップで作ろう!くるくる水族館

    全世界的に【stay home】が叫ばれている中、日本財団「海と日本プロジェクト」では、今は行きたく…

  4. E610C79D-AA8C-4A5F-BE30-D832E39E829F
    【#おうちで海活】海の生き物ワッペンを作ろう!

    全世界的に【stay home】が叫ばれている中、日本財団「海と日本プロジェクト」では、今は行きたく…

  5. 71074967-5805-458F-987A-0C49E7457BF4
    【#おうちで海活】海柄くるみボタンを作ろう!

    全世界的に【stay home】が叫ばれ、自宅待機が余儀なくされている中、日本財団「海と日本プロジェ…

アーカイブ

  1. 2020年
  2. 2019年
  3. 2018年
  4. 2017年
海と日本PROJECT in 京都
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP