お知らせ

【#おうちで海活】海色アロマキャンドルを作ろう!

B39937E0-D9A6-489A-9D20-A426B61F0579

全世界的に【stay home】が叫ばれ、自宅待機が余儀なくされている中、日本財団「海と日本プロジェクト」では、今は行きたくても行けない、「海」を身近に感じてもらえるように、自宅にいながら楽しく学べる、スペシャル企画が用意されています。自宅で海を感じられる企画がたくさんあるのでぜひチェックしてみてください。

海と日本PROJECT in 京都でも【#おうちで海活】として様々な”海を感じられる”工作に挑戦中!
前回は貝殻を使ったアロマキャンドル作りをご紹介しましたが、ちょうど良い貝殻がない!という方にもぴったりの”海色アロマキャンドル”を作ってみました。貝殻キャンドルよりちょっと難しいですが、貝殻がおうちになくても作れちゃいます!(刃物や火を使用する際は、必ず大人の人と一緒に使いましょう。)

今回はキャンドルに色をつけます

  1. キャンドルにはクレヨンで色をつけられるんですよ〜
  2. クレヨンの量を調整して色の濃さを変えましょう
  3. この順番でグラデーションにします

今回のキャンドル作りには貝殻は使わないので、代わりに透明のビンを使います。おうちにある空きビンを使ってみましょう。今回は口の狭いビンを使用しましたが、口の広いビンの方が作りやすくおすすめです。

【用意するもの】
・好きな空きビン
・ロウソク適量(一般的な白いものでOKです)
・アロマオイル(香りづけに使うのでなくても大丈夫)
・ロウソクを溶かす用の空き缶など
・ロウソクを湯せんで溶かす用の鍋
・わりばし
・アルミカップなどの耐熱カップ(今回は4色のグラデーション用に4つ使用しました)
・青いクレヨン(少しだけ削って使用します)

さらに、ここでポイントとなるのはクレヨン!キャンドルにはクレヨンで色がつけられるんです。海をイメージしたキャンドルなので青いクレヨンを準備しましょう。それでは早速作ってみます。

 

①まずは空き缶にロウソクを入れ、湯せんで溶かします。この時に軽く折って入れておくと溶けやすいので折っておきましょう。(芯は折らなくても大丈夫です。)

②ロウが溶けてきたら、わりばしで芯だけ取り出しておきます。これを再度芯として使用します。

③用意したアルミカップに削ったクレヨンを入れます。少しの量で色がつくので爪楊枝などで少しずつ削りましょう。今回は A:濃い青、B:普通の青、C:薄い青、D:ほぼ白に近い青 になるように、4つのカップに削ったクレヨンを入れました。

④4つのカップに溶けたロウを流し込み、割り箸でかき混ぜ色をつけていきます。乾いたらカップから外しましょう。この時、最後に流し込んでいく用に、白い(色をつけていない)ロウを缶に残しておいてください。このロウにはアロマオイルを混ぜておきます。

いよいよビンに入れていきます

  1. それぞれの色のロウを細かくします
  2. まずは一番濃い色から入れていきましょう
  3. 白いロウがかぶるくらい入ったら次の色を入れていきます

⑤色をつけたロウを細かく砕くか、ナイフなどで細かく切ってチップ状にしていきます。ロウは硬いので、大人の人にやってもらいましょう。

⑥ビンの一番下にA:濃い色のロウのチップを入れ、それが全て埋まるくらいに白いロウを流し込みます。固まる前に次にB:濃い色のチップを入れ、また白いロウを流し込みます。一番下の色が固まる前に、②で取り出した芯を差し込みます。割る前の割り箸に芯を挟んで固定しておくと良いですよ。

繰り返していくとグラデーションに!

  1. 下は濃く、上は薄い青になっていきます
  2. 火をつけず飾っているだけでも爽やか!
  3. 火を灯すとちょっとだけ夏の海気分を味わえる…?

⑦⑥の作業をこれをCとDでも繰り返し、一番上には白いロウだけになるようにしていきます。ロウやビンはかなり熱くなるので、やけどに十分注意しましょう。

⑧ロウが固まったら完成!!

 

貝殻を使わずに海を感じられる”海色キャンドル”が完成しました。使うクレヨンの色を変えるとまた違ったイメージのキャンドルになります。
貝殻がおうちにないよという人も、ぜひ色々なビンを使って作ってみてくださいね。もちろん火の取り扱いには十分注意しましょう!

  • 「【#おうちで海活】海色アロマキャンドルを作ろう!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/article/?p=1876" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. PH432_1
  2. cc617f9cd61ee1a2d48fc82b2e521dec4bf83e08big (1)
  3. SPE36_1
  4. 755a577e7d88be7f01af6839fc0fe3e6
  5. c683ea7cfbdf9a8b5f7c77fbf2a17394-e1538036747545
  6. e3e094bcdcf8b7cb6f1d30289a68a431_s (1)

Pickup

  1. え
    【イベントレポート】海の京都調査隊~日本三景「天橋立」に…

    今回は、前回に引き続き「海の京都調査隊~日本三景「天橋立」に迫る危機を調査せよ!」の様子をお届けしま…

  2. え
    【イベントレポート】海の京都調査隊~日本三景「天橋立」に…

    今回は10月末に開催されたイベント「海の京都調査隊~日本三景「天橋立」に迫る危機を調査せよ!」の様子…

  3. スクリーンショット 2020-11-04 22.55.01
    【イベントレポート】海と日本 さばける塾in京都

    先月、京の食文化ミュージアム あじわい館で「海と日本 さばける塾 in 京都」が開催されました。「海…

  4. PH432_1
    11月1日は何の日??

    この前まで暑かった気がするのに最近ではかなり寒い日も増え、いよいよ冬の訪れを感じますね。2020年も…

  5. umimatiakari_pamph-920x1300
    【京丹後】魔法のトキがここに 夕日ヶ浦 うみ×まち灯り

    新型コロナウイルスの早期終息への願いを込めて、京丹後市の夕日ヶ浦海岸では「魔法のトキがここに 夕日ヶ…

アーカイブ

  1. 2020年
  2. 2019年
  3. 2018年
  4. 2017年

お知らせ

  1. PH432_1
    11月1日は何の日??
  2. cc617f9cd61ee1a2d48fc82b2e521dec4bf83e08big (1)
海と日本PROJECT in 京都
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP