イベント

【有楽町】【グルメ】「おいしい舞鶴お味見フェア」が東京で開催!

★IMG_0890_-_865KB

海の京都・舞鶴のおいしい地酒やお茶などの名産品が味わえる「おいしい舞鶴お味見フェア」が東京・有楽町で開催されています。
この「おいしい舞鶴お味見フェア」は、舞鶴市が全国に舞鶴の魅力や歴史を訴求する観光誘客キャンペーン「来てーな舞鶴2018 キャンペーン」の一環として行っているもので、普段味わえない舞鶴の日本茶、和菓子、地酒などの名産品を使ったメニューはなんと首都圏初登場!
期間は、平成30 年2 月15 日(木)~3 月30 日(金)までの月曜~金曜の平日限定(※ただし、3 月12日(月)・16 日(金)・21 日(祝・水)を除く)。
場所は、JR・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」から徒歩1 分・有楽町ビル1 階の「MARUNOUCHI TRAVEL LAB」(丸の内トラベルラボ)です。

通常首都圏では味わえない舞鶴の名産品を楽しもう!

  1. 「癒しの一服 舞鶴茶セット」でほっこり
  2. 「グイっと一杯 舞鶴地酒セット」は日本酒好きにはたまらない!

ここで味わうことのできるメニューは時間によって異なります。11時~16時は、舞鶴茶と銘菓がセットになった「癒しの一服 舞鶴茶セット」。17 時~19 時までは地酒1合と舞鶴かまぼこと漬物がセットになった「グイっと一杯 舞鶴地酒セット」。料金は各セットとも500 円(税込)のワンコインなのが嬉しいですね。
「癒しの一服 舞鶴茶セット」は舞鶴茶(煎茶)と『舞鶴』の名にちなんだ銘菓「鶴の里」の和スイーツのセット。葉薄の茶葉を浸出し透き通ったきれいな色が特長の「舞鶴茶」と、羊羹と羽二重餅で「丹頂鶴(たんちょうづる)」を表現した食べごたえ満点のスイーツ「鶴の里」で、のんびりとしたひと時をお過ごしください。
「グィっと一杯 舞鶴地酒セット」は、ビジネスマンやOL などの大人向けメニュー。地酒は、舞鶴市内で唯一の造り酒屋・池田酒造の自社ブランド「池雲(いけくも)」の純米酒1 合(常温)を、枡とグラスをセットにした枡酒スタイルで提供します。少し辛口の「池雲 純米酒」にあわせるおつまみは、魚のまち・舞鶴を代表する「舞鶴かまぼこ」と、舞鶴市佐波賀(さばか)地区が発祥で『京の伝統野菜』にも認定されている「佐波賀だいこん」を醤油で漬け込んだ「岸壁たまり漬け」の2品。お仕事帰りにグイっといかがでしょうか?

時間を変えてどちらも味わってみたい!

「おいしい舞鶴お味見フェア」は3 月30 日(金)まで、有楽町ビル1 階の「MARUNOUCHI TRAVEL LAB」(丸の内トラベルラボ)で開催されています。首都圏ではなかなか味わうことのできない舞鶴の名産品をお楽しみください。

イベント名「おいしい舞鶴お味見フェア」
日程2018年2 月15 日(木)~3 月30 日(金)の平日(※ただし、3 月12日(月)・16 日(金)・21 日(祝・水)を除く)
場所有楽町ビル1 階「MARUNOUCHI TRAVEL LAB」(丸の内トラベルラボ)
主催舞鶴市、舞鶴市観光協会 共催:WILLER 株式会社
  • 「【有楽町】【グルメ】「おいしい舞鶴お味見フェア」が東京で開催!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/article/?p=975" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. cc617f9cd61ee1a2d48fc82b2e521dec4bf83e08big
  2. 「吉原の万灯籠」(府登録文化財)
  3. 5bb28636ee1cf19c2cc9110d1fb739c6-500x341
  4. 「千日会観光祭」
  5. 02 間人みなと祭1
  6. 708e266385dc48ae1c78c539e2c6f0d0cf45453cbig

Pickup

  1. 593B5B17-BB49-414B-BB36-46756F776781
    【#おうちで海活】暑い季節にぴったり!ばら寿司風そうめん…

    ムシムシと暑い日が続き、だんだんと夏の訪れを感じるようになりましたが、みなさま湿度に負けず元気にお過…

  2. 2da13421f2b69fc588400acbd82bf645_s
    【夏の京都グルメ】夏の京都といえば!「鱧」

    7月の京都といえば「祇園祭」。7月17日の山鉾巡行が有名ですが、実は祇園祭は7月1日から31日の1ヶ…

  3. 3250130_s
    【豆知識】半夏生にタコを食べるのはなぜ?

    いよいよ6月も終わりに近づき、7月がやってきます。7月の頭といえば半夏生。関西を中心に京都の一部地域…

  4. 3431330_s
    【夏の京都グルメ】初夏の味覚「鮎」

    「鮎(あゆ)」といえば、初夏の京都を代表する味覚の一つ。海から遠かった京都の中心部では、川魚や琵琶湖…

  5. 5D678BB0-D167-498D-85E8-733D8F3CB26A
    【#おうちで海活】紙コップで作ろう!くるくる水族館

    全世界的に【stay home】が叫ばれている中、日本財団「海と日本プロジェクト」では、今は行きたく…

アーカイブ

  1. 2020年
  2. 2019年
  3. 2018年
  4. 2017年
海と日本PROJECT in 京都
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP