イベント

【宮津】【花火】宮津燈籠流し花火大会 8月16日(木)

00585f4bd88b7fcf4087fa00ec4b5c0b-500x333

8月16日といえば、京の夏を代表する行事「五山の送り火」が行われる日。ご先祖の霊・精霊をお送りするお盆の行事です。
この日宮津市では、日本三大燈籠流しの一つ、宮津燈籠流し花火大会(みやづとうろうながしはなびたいかい)が行われます。宮津燈籠流し花火大会は江戸時代から続く伝統行事で1924年に現在の形になりました。精霊船と約1万個の紅白の追っ掛け燈籠が海面を漂い、約3,000発の打上げ花火が夜空を彩ります。

守られてきた先祖代々の伝統

  1. 海と空が一体になったような美しさです
  2. 空には約3,000発の花火が打ち上げられます

宮津燈籠流しは、宮津周辺の歴史と大きな関わりがあるイベント。
昔、細川藤孝(幽斎)が丹後に入国して海辺に宮津城を築き、城下町が形づくられました。ところが、関が原の役の年に細川勢が上杉征伐に出払っている間に攻められ、留守を守っていた藤孝は宮津城を焼いて田辺(いまの舞鶴)に退きました。その後、丹後に入国した京極氏が田辺から職人や商人を呼び寄せて再建。その頃から城下の人々は、盆に迎えた先祖の霊を、ふたたび極楽浄土へ送るため、供物にささやかなともしびを添えて海へ流したのが、燈籠流しの始まりと言われています。

やがて海へ流す供養火の美しさが評判となり、多くの見物客を迎えるようになりました。新仏の家から流される「精霊船」を囲むように、一万有余の「追っ掛け燈籠」がゆらゆら宮津湾に流れはじめ、打ち上げ花火が大空にはじけ、海と空が一体となる火の祭典です。

年に一度、海と空にささげる宮津最大の催しをお楽しみください。
詳しくはこちら。

 

イベント名宮津燈籠流し花火大会
日程2018年8月16日(木)
場所宮津市島崎公園
  • 「【宮津】【花火】宮津燈籠流し花火大会 8月16日(木)」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/article/?p=1170" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. cc617f9cd61ee1a2d48fc82b2e521dec4bf83e08big
  2. 「吉原の万灯籠」(府登録文化財)
  3. 5bb28636ee1cf19c2cc9110d1fb739c6-500x341
  4. 「千日会観光祭」
  5. 02 間人みなと祭1
  6. 708e266385dc48ae1c78c539e2c6f0d0cf45453cbig

Pickup

  1. e6964ab994446c1186275a1fc1c8c057
    【宮津】海開きのおしらせ

    新型コロナウイルスの影響で、開設中止となる海水浴場もみられる中、宮津市では3つの海水浴場が7月23日…

  2. 6757F71C-AF6A-43C0-82AD-F152E2F576FD
    【エコ】ミツロウでエコなラップを作ってみよう

    2020年7月1日から、レジ袋の有料化がスタートしました。この有料化は、本当にレジ袋が必要なのかを考…

  3. 牡蠣
    【豆知識】夏が旬の岩牡蠣!岩牡蠣と真牡蠣の違いは?

    最近はかなり蒸し暑くなってきていよいよ夏がそこまで来ているのを感じますね。夏になると食べたくなるのが…

  4. ⑪琴引浜1
    【京丹後】海開きのおしらせ

    新型コロナウイルスの影響で、あちこちで海水浴場が開設中止となる中、京丹後市では12の海水浴場が開設さ…

  5. 593B5B17-BB49-414B-BB36-46756F776781
    【#おうちで海活】暑い季節にぴったり!ばら寿司風そうめん…

    ムシムシと暑い日が続き、だんだんと夏の訪れを感じるようになりましたが、みなさま湿度に負けず元気にお過…

アーカイブ

  1. 2020年
  2. 2019年
  3. 2018年
  4. 2017年
海と日本PROJECT in 京都
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP