レポート

【イベントレポート】海が育んだ「食」『海のおいしいものを届けようfrom京都・宮津』

IMG_20200917_154030

9月17日(木)に、宮津市立栗田小学校と京都府立海洋高等学校で開催されたイベント、海が育んだ「食」『海のおいしいものを届けようin京都・宮津』。海が暮らしにもたらした恩恵を学び、海と生きる国としての誇りと海を尊ぶ意識を醸成するイベントです。今回は、このイベントに参加した栗田小学校のみなさんが、京都の海について様々なことを学んだり、体験したりした様子をお知らせします!

海洋高校で学ぶ

  1. 大きな水槽の前で栽培漁業について学びました
  2. 魚を捌いて加工している現場を見学
  3. 興味津々で色々な質問をしていました

イベントの前半は、粟田小学校の近くの海洋高校で行われました。まず子どもたちが向かったのは、丸い水槽の前。こちらで、海洋高校の栽培環境コースに所属するお兄さん・お姉さんたちから、「つくり育てる漁業」である栽培漁業について学びました。魚という命に責任を持って毎日世話をしているというお話を聞く子どもたちの表情は真剣そのもの。水槽で泳いでいる魚やエビを見てはしゃぐ様子も見られました。

栽培漁業について学んだあとは食品経済コースの皆さんに連れられて、食品加工の現場へ。翌日の子どもたちの給食に出るというお魚・ヤナギ(サワラの小さい個体)を捌いている現場を見学しました。ヤナギを捌いている高校生たちの様子を見た子どもたちは興味津々!
「餌は何を食べているのですか?」、「エラはどこですか?」などの質問が飛び交う中、高校生も「エラはこれで・・・」など実際に見せて質問に答えてくれました。

加工工場見学の後、未利用資源・低利用資源であるサメを使ったオリジナル商品の開発や、地元食材を使った商品開発のお話しなど、イベント後半の活動にとても役立つお話を聞かせてもらいました。

「ふるさと納税の返礼品」を考える!

  1. どんな返礼品がいいか真剣に考えています
  2. 考えた返礼品をグループごとに発表!
  3. 橋本さんからのコメントでさらにアイデアが深まります

海洋高校で普段なかなか見られない栽培漁業や食品加工の現場を見学した後は、粟田小学校に戻って、「ふるさと納税の返礼品」を考える、というワークショップを実施。
宮津市のふるさと納税担当職員の橋本さんから、ふるさと宮津応援寄付制度や返礼品にラインナップされている地元産品について説明を受け、実際に宮津市の返礼品の一部を見せてもらいました。鯖の缶詰や干物など、子どもたちにもおなじみの食品から、へしこ、このわたなど子どもたちには珍しい?食品まで、様々な地元の食品が返礼品となっていることを学んだ子どもたち。

午前中に海洋高校で聞いた商品開発のお話や橋本さんのお話を参考に、グループごとにどんな返礼品があったら良いかを考え、橋本さんの前で発表を行いました。様々なアイデアに対する橋本さんからのコメントに子どもたちも嬉しそうな様子。地元の海にまつわる食品について考える貴重な機会となりました。

 

地元の海についての学びが深まった一日です

今回のイベントで、子どもたちは地元の海にまつわる漁業や食品加工などについての知識や経験を深めるとともに、ふるさと納税の返礼品を考えるという活動を通じて、より地元の海産物への理解を深めることができました。

これからもより海について学んでいけるといいですね!

イベント名海が育んだ「食」『海のおいしいものを届けようfrom京都・宮津』
参加人数12人
日程日程 2020年9月17日(木)
場所宮津市立栗田小学校 京都府立海洋高等学校
主催海と日本プロジェクトin京都実行委員会
協力KBS京都
  • 「【イベントレポート】海が育んだ「食」『海のおいしいものを届けようfrom京都・宮津』」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/article/?p=2179" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 集合
  2. IMG_8601
  3. 79AC8E61-50FC-49B8-864F-148032FF2F02
  4. P1010343
  5. P1010374 2
  6. キャプチャ

Pickup

  1. umimatiakari_pamph-920x1300
    【京丹後】魔法のトキがここに 夕日ヶ浦 うみ×まち灯り

    新型コロナウイルスの早期終息への願いを込めて、京丹後市の夕日ヶ浦海岸では「魔法のトキがここに 夕日ヶ…

  2. cc617f9cd61ee1a2d48fc82b2e521dec4bf83e08big (1)
    【中止のお知らせ】天橋立ふゆ花火

    毎年宮津市で開催されている、西国二十八番札所 成相寺(なりあいじ)観世音菩薩奉納「ふゆ花火」。今年は…

  3. SPE36_1
    【グルメ】海の京都FOODIE VACATIONキャンペ…

    暑ーい夏が終わり、いよいよ本格的に秋の訪れを感じる季節になりましたね。秋と言えば、芸術の秋、読書の秋…

  4. IMG_20200917_154030
    【イベントレポート】海が育んだ「食」『海のおいしいものを…

    9月17日(木)に、宮津市立栗田小学校と京都府立海洋高等学校で開催されたイベント、海が育んだ「食」『…

  5. 755a577e7d88be7f01af6839fc0fe3e6
    【京丹後】丹後半島の絶景を味わおう③

    京丹後市の絶景といえば、ユネスコ世界ジオパークに認定された山陰海岸ジオパークの地質遺産がのこる海岸線…

アーカイブ

  1. 2020年
  2. 2019年
  3. 2018年
  4. 2017年
海と日本PROJECT in 京都
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP