番組情報

とれたての海の幸が大集合!「まいづる魚まつり」

IMG_6510

本州のほぼ中央に位置する京都府舞鶴市(まいづるし)は、京都や大阪・神戸からも100キロ圏内。若狭湾(わかさわん)に面した近畿北部最大級の港湾都市です。リアス式海岸の入り組んだ地形は、恵まれた天然の漁場として四季を通じてさまざまな海の幸をもたらしてきました。
そんな舞鶴市で、毎年秋に開催されているのが「まいづる魚まつり」。その賑わいや魅力について、舞鶴出身のアイドルで、海と日本プロジェクトin京都PRパートナーの夏目亜季(なつめ あき)さんが取材してくれました。

新鮮な魚介を求める人で賑わう、港町ならではのイベント

  1. 多くの人で賑わう会場
  2. 新鮮な魚をつめ放題?
  3. 水揚げされたばかりの魚が集まります

舞鶴水産流通協同組合(まいづるすいさんりゅうつうきょうどうくみあい)が主催する「まいづる魚まつり」は、今回で28回目。京都府の漁港で獲れた新鮮なハマチ、ササガレイ、サゴシやイカなど約4トンもの魚介類が会場を埋め尽くし、関西一円から多くの人が訪れる大人気のイベントとなっています。

まつりを始めたきっかけについて主催者の長崎寿夫さんに伺うと、「魚食普及(ぎょしょくふきゅう)」という言葉が返ってきました。最近は、魚を食べない人が多くなったのだとか。魚を捌くことが面倒だとか、触ると生臭いことなどが理由ではと、長崎さんは推測します。魚を敬遠している人たちに新鮮な魚を提供し、おいしさを噛み締めてほしいという想いが、まつりの開催に繋がったそうです。京都府北部は定置網(ていちあみ)中心の漁法で、その日に獲れた魚をその日のうちに届けることができることも強みのひとつです。

本当はみんな魚好き? もっと魚を食してもらうために

  1. 夏目さんも海鮮バーベキューを試食
  2. 迫力あるまぐろ解体ショー
  3. まいづる魚まつり実行委員会 委員長 長崎寿夫さん

夏目さんは、海鮮グルメを頬張って「めちゃくちゃおいしい!」と感動します。一般参加できる競り市や迫力満点の本マグロ解体ショーなど、見所もいっぱい。来場者の表情からも、楽しそうな様子が伝わってきます。

本当に、みんな魚を食べなくなっているのでしょうか。
「みなさん、魚が嫌いというわけでなく、本当は好きなんだと思う」と、長崎さん。生産者として、よりおいしい魚を食卓へ届ける工夫や、消費者ができるだけ簡単に魚を調理できる商品開発にも取り組みたいと話します。
夏目さんも、東京生活ではあまり魚を口にしなくなっているのだとか。しかし、海に囲まれた美しいふるさとの風景や、新鮮な海の幸にあふれたまつりの光景を目にして、日本に息づく食文化のルーツを再確認します。

毎日の食卓で感じる、海の恩恵

  1. 絶好の漁場である舞鶴湾

海から離れた街では、魚が食卓にのぼる機会が以前より減っているのかもしれません。まつり会場でも調理が必要な生のお魚より、加工品が人気を集めているそうです。しかし、海に囲まれた陸地で海の恵みとともに生きてきた日本。普段から魚介をたくさん食し、調理も楽しみたいものです。海と日本プロジェクトでは、魚の調理に自信がない人たちに向けて「さばける塾」も開講予定。ですが、そのお話はまたの機会に…。

この内容は、10月10日(火)にKBS京都「おやかまっさん」(11:00~11:55)で放送されました。
後日YouTubeにもアップ予定ですのでお楽しみに!

  • 「とれたての海の幸が大集合!「まいづる魚まつり」」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/article/?p=768" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. キャプチャ・トップ (3)
  2. キャプチャ・トップ (2)
  3. キャプチャトップ1
  4. キャプチャ・トップ候補②
  5. キャプチャ・トップ (1)
  6. キャプチャ・トップ

Pickup

  1. umimatiakari_pamph-920x1300
    【京丹後】魔法のトキがここに 夕日ヶ浦 うみ×まち灯り

    新型コロナウイルスの早期終息への願いを込めて、京丹後市の夕日ヶ浦海岸では「魔法のトキがここに 夕日ヶ…

  2. cc617f9cd61ee1a2d48fc82b2e521dec4bf83e08big (1)
    【中止のお知らせ】天橋立ふゆ花火

    毎年宮津市で開催されている、西国二十八番札所 成相寺(なりあいじ)観世音菩薩奉納「ふゆ花火」。今年は…

  3. SPE36_1
    【グルメ】海の京都FOODIE VACATIONキャンペ…

    暑ーい夏が終わり、いよいよ本格的に秋の訪れを感じる季節になりましたね。秋と言えば、芸術の秋、読書の秋…

  4. IMG_20200917_154030
    【イベントレポート】海が育んだ「食」『海のおいしいものを…

    9月17日(木)に、宮津市立栗田小学校と京都府立海洋高等学校で開催されたイベント、海が育んだ「食」『…

  5. 755a577e7d88be7f01af6839fc0fe3e6
    【京丹後】丹後半島の絶景を味わおう③

    京丹後市の絶景といえば、ユネスコ世界ジオパークに認定された山陰海岸ジオパークの地質遺産がのこる海岸線…

アーカイブ

  1. 2020年
  2. 2019年
  3. 2018年
  4. 2017年
海と日本PROJECT in 京都
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP