番組情報

日本三景発祥の眺望がひろがる「海の参詣道」

キャプチャ・トップ (2)

京都府北部、若狭湾に面した宮津市は古くから日本海沿岸の交易拠点として栄えてきました。宮津湾に伸びる天橋立の景観は日本三景のひとつに数えられています。今回取り上げるのは、天橋立を眼下に望む山の中腹にある成相寺(なりあいじ)にまつわる話題です。

地元から声が上がって始まった、成相寺参詣道の整備

  1. 文武天皇の勅願寺として真応上人が創建したと伝わる成相寺
  2. 成相本坂道を守り伝える実行委員会 宮津青年会議所 理事長 日下部博一さん
  3. 一丁(約109m)ごとに路傍に置かれた道標、丁石(町石)

8世紀初めに創建されたと伝わる成相寺(なりあいじ)。西国三十三所の第二十八番札所として、地元のみならず全国から多くの参詣者が訪れます。その成相寺へと続く参道が、このたび地元宮津市の有志らによって新たに整備されました。府中地区から成相寺へと続く修験の道「本坂」。整備にかかわった成相本坂道を守り伝える実行委員会の日下部さんに案内していただくと、参詣道にはお地蔵様や、昔、丁石と呼ばれていた石標が見られます。さらに、途中にある休憩所からは、天橋立の美しい景観がひろがっていました。

日下部さんらはこの参詣道を改めて整備できないかと、2017年2月頃から地域の方々とともに検討してきたそうです。行政や関係諸団体の方とも協議を重ねて、整備が本格化したのは夏頃。そして11月5日にイベントを開催し、整備された参道をお披露目しました。

儒学者・貝原益軒も魅入られた、天橋立の絶景

  1. 成相寺へと続く山道を歩く
  2. まちの未来創造委員会 委員長 宮津青年会議所 関野祐さん

昔の人たちは、どのような経路で成相寺を参詣したのでしょうか。まちの未来創造委員会の関野祐さんに伺うと、それは大きくふたつ。ひとつは船で天橋立を渡り、参詣道下の浜に船を着けてそこからは山を登るルート。もうひとつは、丹後の奥にある京丹後方面や京都市内から、陸路で成相寺をめざす経路です。「1689年に儒学者である貝原益軒が書いた旅の日記に、天橋立が日本三景であると初めて記されました。この参詣道が、天橋立が日本三景に数えられるきっかけとなった場所であることも、もっと知ってもらいたい」と、関野さんは話します。天に架かる橋のように見えることから名付けられた天橋立。それはまた、海上に浮かぶ参詣道としての役割も果たしてきたのです。

地元の熱意で守り継がれる道を踏みしめて

  1. 参道途中の休憩所から望む天橋立「益軒観」

20年ほど前に一度整備されたものの、その後台風による倒木などで荒れた状態になっていた参詣道。整備事業は、古くから多くの人が祈りを捧げてきた成相寺をこれからも守っていこうとする地元の熱意によって実現しました。それほど険しい山道ではありませんので、成相寺に行かれる際は天橋立の眺望を楽しみつつハイキング気分で歩いてみてはいかがでしょう。

この内容は、12月21日(木)にKBS京都「おやかまっさん」(11:00~11:55)で放送されました。

関連リンク

  1. キャプチャ・トップ (3)
  2. キャプチャトップ1
  3. キャプチャ・トップ候補②
  4. キャプチャ・トップ (1)
  5. キャプチャ・トップ
  6. IMG_6510

Pickup

  1. 浜2
    【宮津市】温泉のまち、丹後由良に残る切ない伝説【山椒大夫…

    皆さんこんにちは!京都大好きライター、沢本ゆきです!厳しかった暑さもやわらぎ、ようやくほっとする季節…

  2. kumihama1_kumihamawan
    【京丹後】龍にまつわる逸話が残る町、久美浜【伝説】

    皆さんこんにちは!京都大好きライター、沢本ゆきです。京都府北西に位置し、自然がたくさん残る京丹後市久…

  3. 1
    【京丹後】開催中!キョウタンゴフルーツトレイル ~201…

    桃、スイカ、メロン、梨、ぶどう、イチゴ…たくさんの果樹園が集まる京丹後市の久美浜エリア。そんな久美浜…

  4. なし
    海の幸だけじゃなくてフルーツもおいしい!秋の丹後の味覚!…

    こんにちは!京都大好きライター、沢本ゆきです!危険な暑さだった今年の夏もようやく終わりが近づき、市場…

  5. 3
    【グルメ】海の京都 旬の食材提供店紹介~秋~(京丹後・綾…

    先日ご紹介した、秋の「海の京都 旬の食材フェア」。いよいよ食欲の秋がやってきました。おいしい食材を使…

PAGE TOP