お知らせ

【注意!】キレイだけど触っちゃダメ!! カツオノエボシ【クラゲ】

カツオノエボシ

第八管区海上保安部や京都府海洋センターによると、今月京丹後市の海岸で複数のカツオノエボシが打ち上げられているのが発見されたそうです。砂浜に打ち上げられた青いプラスチックのような物体。きれい!と思って触ってはいけません。その物体はカツオノエボシかもしれません!
でも「カツオノエボシ」って一体何・・・?

電気クラゲと呼ばれる危険な生き物

  1. なんだかキレイな青い物体
  2. キレイでも近づいちゃダメ!!
  3. なかなか見えない程の細くて長~い触手がたくさん

青くてキレイなこの物体が「カツオノエボシ」。電気クラゲと呼ばれることもあり、クラゲのような見た目をしていますが、正確に言うとクラゲではありません。太平洋側でよく見られますが、日本海側の京都の海などでも稀に打ち上げられる生き物です。

強力な毒を持っており、刺されると電気がはしったような痛みが走ることから、電気クラゲと呼ばれているそうです。青色をしているため海上や海中で見つけにくく、さらに非常に長い触手が周囲を漂っているので、存在に気がつかないうちに刺されてしまうことが多いようです。

打ち上げられたものにも毒は残っており、さらに細く長い触手が周囲に広がっている可能性もあるので、見つけても近づかないようにしましょう。

海にはこのように危険な生き物もいます

  1. クラゲの触手は水中で見えにくいので要注意!
  2. 落ちていても触らないようにしましょう

休みを利用して海水浴やサーフィンに行かれたみなさん、クラゲに刺されたりはしませんでしたか?地域によっても差はありますが、お盆を過ぎると増えるといわれるのがクラゲの被害。海に入る際は、ラッシュガードなどで肌の露出を少なくしたり、クラゲ対策用の日焼け止めを使ったりして、クラゲに気をつけましょう。クラゲが危険なのは水中だけではありません。浜に打ち上げられて死んだクラゲにも毒が残っていることがあります。無毒な種類のクラゲもいますが、クラゲが落ちていても基本的には触らないようにしましょう。

まだまだ海で遊ぶのが楽しい季節ですが、クラゲやカツオノエボシのように毒を持つ生き物は身近なところにいます。クラゲが多い時は海に入らないようにするなどの対処が必要です。また、毒を持つ生き物がどういった見た目をしているのか、どのような所によく現れるのかといったことを学ぶことも大切です。

海は楽しいところですが、毒を持つ生き物以外にも様々な危険が潜んでいます。思いっきり海を楽しむために、海のことを学んで、怪我や事故なく遊びたいですね。

関連リンク

  1. 料亭 ゆう月
  2. 海軍遊覧船①小
  3. SP345_1
  4. SP206_1
  5. 20181217_181217_0030
  6. SPE1_1

Pickup

  1. 料亭 ゆう月
    【グルメ】海の京都 旬の食材提供店紹介~春~(綾部・福知…

    シリーズでご紹介している、春の「海の京都 旬の食材フェア」。さむ~い冬が終わり、春の訪れを感じさせて…

  2. 海軍遊覧船①小
    【舞鶴】海軍ゆかりの港めぐり遊覧船

    日本海側屈指の港でもある舞鶴港。廻船問屋が栄える商港として、あるいは新鮮な魚介類があがる漁師町として…

  3. SP345_1
    【グルメ】海の京都 旬の食材提供店紹介~春~(宮津編②)…

    昨日ご紹介した、春の「海の京都 旬の食材フェア」。さむ~い冬が終わり、春の訪れを感じさせてくれるおい…

  4. SP206_1
    【グルメ】海の京都 旬の食材提供店紹介~春~(宮津編①)…

    先日ご紹介した、春の「海の京都 旬の食材フェア」。さむ~い冬が終わり、春の訪れを感じさせてくれるおい…

  5. 20181217_181217_0030
    【アクティビティ】【伊根】E-bikeで!伊根の見どころ…

    伊根湾沿いに約4kmにわたって舟屋が立ち並ぶ伊根町。舟屋は1階が船のガレージ・2階が居間となった建物…

 
PAGE TOP