お知らせ

【グルメ】そろそろアレの季節です。そうです、カニです!

8e39a12351fff0b3b195dce6338cde6b_s

こんにちは!京都大好きライター、沢本ゆきです。
秋になり冬が近づいてくると、そろそろアレの季節がやってきますね。そう、ズワイガニです!今回は冬の味覚の王様、ズワイガニのお話をしたいと思います。

冬の王様、舞鶴のズワイガニ!

  1. どう料理してもおいしい冬の味覚ズワイガニ!
  2. さっとお出汁にくぐらせて食べるカニしゃぶ
  3. 外子(卵)や内子(卵巣)がとってもおいしいコッペガニ

ズワイガニ漁の解禁日は毎年11月6日。その日、舞鶴港には底引き網漁船が何隻も並び、活気にあふれます。カニ好きの私としても、解禁日が待ちきれません!舞鶴漁港で水揚げされたズワイガニには『舞鶴カニ』ブランドであることを証明する緑色のタグが付けられます。タグをつけられ、誇らしそうな顔をしたカニが思い浮かびますね。
カニしゃぶ、かにすき、焼き蟹、天ぷら……フルコースでいただきたい!
どうお料理してもおいしいのですが、中でも私が大好きなのはカニしゃぶです。さあどうぞ召し上がってくださいと言わんばかりにきれいにむかれたカニの身を、さっとおだしにくぐらせていただくあの贅沢さ!口の中でとろりととろけるあの味わいは是非旬の時期に産地で召し上がっていただきたいところです。

身をいただくなら体が大きく脚もりっぱな雄のカニが人気ですが、雌のカニは『コッペガニ』と呼ばれていて、卵や内子(卵巣)が珍味としてとってもおいしいんですよ~。こころゆくまで冬の味覚を味わい尽くしたいですね。

カニ鍋の締めは雑炊で!

  1. 殻ごとお鍋に入れたカニすきも格別!
  2. カニすきの締めのカニ雑炊、最高です

きれいにむかれたカニ身はたべやすくて嬉しいですが、殻ごとお鍋に入れたカニすきも格別ですね。殻をむくのに夢中になってついつい無言になっちゃうのもお約束。私の実家では忘年会として家族でカニすきを食べるのが恒例だったので、カニの時期になるとちょっとノスタルジーを感じます。毎年むいていただけあって、割ときれいに身を出せるのが私の密かな自慢なんです(笑)。脚の細い所の身もするっとむけたときは達成感を感じますねぇ。どんなに苦労をしても食べたいカニ!硬い殻にまもられたカニ身おいしいよカニありがとう!

そしてカニのうまみが最大限に溶け込んだおだしで作る締めの雑炊がまた最高なんですよね。そういえば、最後に卵を回し入れてふたをして蒸らすでしょう?多分方言なんですけど、私の地元の関西地方では蒸らすことを「うます」って言うんですよ。「うます」って言うと普通に蒸らすよりうまみが増しておいしくなりそうじゃないですか?食いしん坊の私が大好きな方言のひとつです。ぜひ皆さんも「うまし」て雑炊を作ってみてくださいね。

 

  • +1
  • 「【グルメ】そろそろアレの季節です。そうです、カニです!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/article/?p=1446" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. IMG_8122
  2. 丹後松島①
  3. とり松ばらずし
  4. 五老スカイ
  5. キャンドル
  6. 与謝野町 天橋立

Pickup

  1. 4c7e7507fb685323ea4569c16b18c2aa-768x1085
    【京丹後】キャンドルナイトin夕日ヶ浦 2019年6月2…

    その名の通り美しい夕日が見られることで有名な京丹後市の夕日ヶ浦。夕日ヶ浦で毎年開催されているキャンド…

  2. IMG_8122
    【伊根】神が宿る島「青島」

    伊根湾の入り口に浮かぶ島、青島。青島は自然の防波堤の役割を担っているため、伊根湾内の波は穏やか。その…

  3. tirasi
    【京丹後】26th はだしのコンサート2019  201…

    鳴砂の浜として知られる京丹後市の琴引浜で毎年開催されている環境コンサート「はだしのコンサート」。『あ…

  4. 丹後松島①
    【歴史】【京丹後】丹後半島に残る伝説と国の繁栄

    今から約2200年前、秦(しん)の始皇帝は不老不死の薬を欲し、徐福(じょふく)という者に不老不死の薬…

  5. とり松ばらずし
    【グルメ】丹後の郷土料理!

    海の京都にはカニや牡蠣、ブリをはじめとする水産物や、丹後コシヒカリや京野菜、砂地を活かした果物など豊…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
 
海と日本PROJECT in 京都
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP