お知らせ

【天橋立】どこから見る?天橋立

与謝野町 天橋立

日本三景の一つ、天橋立。ひとくちに天橋立と言ってもその楽しみ方は様々です。例えば天橋立の松並木の間を散歩したりサイクリングしたり、夏には砂浜で海水浴もできますし、天橋立を眺めながらシーカヤックなどのアクティビティをすることもできます。そしてやっぱり天橋立と言えば上から見る!その全貌を高いところから見てみたいですよね。今回は天橋立四大観と言われる、4つの角度から見る天橋立をご紹介します。

一番有名?飛龍観

  1. 通常はこのような景観ですが
  2. 股のぞきをすると…
  3. まるで天に舞い上がる龍のように見えませんか?

まず最初は「飛龍観」!みなさんが一番よくイメージするのはこの飛龍観ではないでしょうか?天橋立の南側からみた景色で、天橋立駅近くの天橋立ビューランドから見ることができます。ここに来たら絶対にやってほしいのが股のぞき!天橋立に背を向けて立ち、かがんで股の間から天橋立を見てみてください。海が空になり、天橋立が天を舞う龍のように見えるんです。天橋立ビューランドには手すり付きの股のぞき台も設置されているのでぜひチャレンジしてみてくださいね!

飛龍観の反対側から!昇龍観

  1. 「元祖股のぞきの地」と言われる傘松公園
  2. こちらでも股のぞきしてみましょう
  3. 天に上っていく龍のような天橋立が見えます

天橋立を挟み、天橋立ビューランドの反対側にあるのが「元祖股のぞきの地」と言われる傘松公園。ここから見る天橋立は昇竜観と呼ばれており、まるで天に昇っていく龍のようです。右肩上がりに天へ上っていくように見えるため、縁起が良いとも言われているそうです。傘松公園にも股のぞき台が用意されているので、ぜひ股のぞきをしてみてください。

横から見る!一字観と雪舟観

  1. 桜の向こうに見える一字観、手前が阿蘇海です
  2. 「天橋立図」と構図がよく似ている雪舟観

さて、飛龍観と昇竜観は縦方向から見た天橋立でしたが、一字観と雪舟観は横から見た景観です。
一字観は天橋立の西側から見た景観なので手前が阿蘇海、その奥の天橋立の向こうに宮津湾が見えるという構図になります。横一文字になった天橋立も新鮮です。
雪舟観は天橋立の東側から見た景観なので横一文字とは逆の構図になり、手前に宮津湾、奥に阿蘇海が見えることになります。水墨画の大家・雪舟にが描いた「天橋立図」と構図が非常に似ている景観です。「天橋立図」は国宝に指定されており、京都国立博物館に収蔵されています。ぜひ「天橋立図」と見比べてみてください。

どの天橋立がお気に入り?

いかがでしたか?今回は四大観と呼ばれる天橋立の見方をご紹介しました。この四大観以外の場所からももちろん色々な天橋立が見れますし、季節や時間帯によっても見え方が変わってきます。ぜひ、お気に入りの見方を見つけてくださいね!

  • +1
  • 「【天橋立】どこから見る?天橋立」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/article/?p=1628" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. IMG_8122
  2. 丹後松島①
  3. とり松ばらずし
  4. 五老スカイ
  5. キャンドル
  6. ABOUT

Pickup

  1. 4c7e7507fb685323ea4569c16b18c2aa-768x1085
    【京丹後】キャンドルナイトin夕日ヶ浦 2019年6月2…

    その名の通り美しい夕日が見られることで有名な京丹後市の夕日ヶ浦。夕日ヶ浦で毎年開催されているキャンド…

  2. IMG_8122
    【伊根】神が宿る島「青島」

    伊根湾の入り口に浮かぶ島、青島。青島は自然の防波堤の役割を担っているため、伊根湾内の波は穏やか。その…

  3. tirasi
    【京丹後】26th はだしのコンサート2019  201…

    鳴砂の浜として知られる京丹後市の琴引浜で毎年開催されている環境コンサート「はだしのコンサート」。『あ…

  4. 丹後松島①
    【歴史】【京丹後】丹後半島に残る伝説と国の繁栄

    今から約2200年前、秦(しん)の始皇帝は不老不死の薬を欲し、徐福(じょふく)という者に不老不死の薬…

  5. とり松ばらずし
    【グルメ】丹後の郷土料理!

    海の京都にはカニや牡蠣、ブリをはじめとする水産物や、丹後コシヒカリや京野菜、砂地を活かした果物など豊…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
 
海と日本PROJECT in 京都
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP