お知らせ

番組放送動画アップのお知らせ「吉原の万灯籠」

吉原キャプチャ・トップ

京都市内で五山の送り火が灯る8月16日の夜、舞鶴湾でも火に祈りを込めた伝統行事「吉原(よしわら)の万灯籠(まんどろ)」が行われます。
今から300年ほど前、舞鶴湾にクラゲが大量発生して漁ができなくなった際、吉原の漁師たちが高さ18mの竹でつくった万灯籠を水中に立てて回し、海神の怒りを静めようとしたことが起源。青年たちは神火を宿した松明を手に町を走り、万灯籠が待つ伊佐津川へ。火の灯った万灯籠は、勇ましい掛け声とともに一斉に持ち上げられます。
吉原の漁師たちにとって、海は人生の一部。「吉原の万灯籠」は伝統行事であるとともに、地域の人々にとっては身近な海と改めて向き合い、感謝する大切な機会なのかもしれません。

詳しくは、動画をご覧ください。
(この内容は、2017年8月31日(木)にKBS京都「おやかまっさん」で放送されました。)

  • 「番組放送動画アップのお知らせ「吉原の万灯籠」」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/article/?p=812" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 3250130_s
  2. 3431330_s
  3. 5D678BB0-D167-498D-85E8-733D8F3CB26A
  4. E610C79D-AA8C-4A5F-BE30-D832E39E829F
  5. guji_pic
  6. 71074967-5805-458F-987A-0C49E7457BF4

Pickup

  1. 3250130_s
    【豆知識】半夏生にタコを食べるのはなぜ?

    いよいよ6月も終わりに近づき、7月がやってきます。7月の頭といえば半夏生。関西を中心に京都の一部地域…

  2. 3431330_s
    【夏の京都グルメ】初夏の味覚「鮎」

    「鮎(あゆ)」といえば、初夏の京都を代表する味覚の一つ。海から遠かった京都の中心部では、川魚や琵琶湖…

  3. 5D678BB0-D167-498D-85E8-733D8F3CB26A
    【#おうちで海活】紙コップで作ろう!くるくる水族館

    全世界的に【stay home】が叫ばれている中、日本財団「海と日本プロジェクト」では、今は行きたく…

  4. E610C79D-AA8C-4A5F-BE30-D832E39E829F
    【#おうちで海活】海の生き物ワッペンを作ろう!

    全世界的に【stay home】が叫ばれている中、日本財団「海と日本プロジェクト」では、今は行きたく…

  5. 71074967-5805-458F-987A-0C49E7457BF4
    【#おうちで海活】海柄くるみボタンを作ろう!

    全世界的に【stay home】が叫ばれ、自宅待機が余儀なくされている中、日本財団「海と日本プロジェ…

アーカイブ

  1. 2020年
  2. 2019年
  3. 2018年
  4. 2017年
海と日本PROJECT in 京都
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP