お知らせ

【京丹後】袖志棚田と私たちの未来

01.袖志風景(夏)

京丹後市丹後町袖志地区(きょうたんごしたんごちょうそでしちく)は、京都府の最北端、経ケ岬(きょうがみさき)灯台の麓にある半農半漁の営みが残る集落です。農林水産省主催の第7回美しい日本のむら景観コンテストにおいて「むらづくり対策推進本部長賞」、また同省主催の「美しい日本のむら景観百選」も受賞しました。

袖志の棚田はこの地区にある、日本海に面した400枚の棚田。「日本の棚田百選」にも選ばれた、自然と暮らしが一体となった美しい棚田です。

袖志の棚田が直面する問題と大学生がもたらした変化

  1. 日本海に面した約400枚の棚田
  2. 大学生による作業の様子①
  3. 大学生による作業の様子②

丹後に住む多くの人々の象徴でもあり誇りでもある袖志の棚田。そんな棚田ですが、人口減少による担い手不足という問題を抱えています。約15%が休耕田となり、このままでは棚田を維持していくことが困難と言われています。

そこで、棚田の再生を目的とし始まった【袖志の棚田再生プロジェクト】。2010年4月、地元出身の大学院生や有志の提案を受け、休耕田だった2枚の棚田を約15年ぶりにおこし、1年を通じ田植えなどの活動が行われました。毎回都市部の大学生が袖志を訪れ、地元の人々との交流を深めていきました。

大学生にとっては袖志の全てが新鮮。その大学生たちとの交流は、袖志の人々が見慣れてしまった価値を再認識するきっかけとなりました。それに伴い、人々の中に「棚田を守り地域を元気にするんだ」という意識が少しずつ芽生えていったのです。

棚田再生の本格化

2011年3月、棚田保存のための機運を無駄にしてはいけないと、「袖志棚田保存会」が設立されました。体験・交流事業と再生した棚田の維持管理、有料会員制の導入と袖志棚田米のブランド化による地域全体の活性化を事業内容とし、「ヒトと資金」が循環する仕組みの構築を当面の目標としました。

大学生のみならず、社会人もボランティアに参加するようになり、都市部のイベントでの試作販売やPR等の動きも活発化してきました。しかし、活動主体としての組織は設立されたものの、地域内で協力体制が確立していないといった問題も残っていました。

地域に根付いた棚田の保存

  1. 棚田保全のため行われる「袖志棚田の燈夏会」
  2. 山と棚田と海による美しい景色
  3. 若い力で棚田を未来へ

「棚田の保存のためには、地元が中心にならなければ」という想いを胸に、保存会は地元袖志住民対象の会員制度導入を決定を決定し、協力者の声かけを行ったところ、多くの人々が協力を申し出ました。また、口コミやfacebookでのPRの結果、ボランティア参加者や会員数も増加。さらに数枚の休耕田が再生されました。

棚田再生プロジェクトの開始から現在までに25a(1aは10m×10m)もの棚田が再生され、毎年秋になると、再生田にはたくさんの人々の想いが詰まった黄金の稲穂が実ります。高齢化・人口減少が進む袖志地区は世界でも高齢化の進行が顕著な日本の縮図とも言えます。多くの人々の想いを乗せた棚田を未来へ引継いでいくことは、日本の、そして世界の未来を考えることにつながっているのではないでしょうか。

  • 「【京丹後】袖志棚田と私たちの未来」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/article/?p=323" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. e6964ab994446c1186275a1fc1c8c057
  2. 6757F71C-AF6A-43C0-82AD-F152E2F576FD
  3. 牡蠣
  4. ⑪琴引浜1
  5. 593B5B17-BB49-414B-BB36-46756F776781
  6. 2da13421f2b69fc588400acbd82bf645_s

Pickup

  1. e6964ab994446c1186275a1fc1c8c057
    【宮津】海開きのおしらせ

    新型コロナウイルスの影響で、開設中止となる海水浴場もみられる中、宮津市では3つの海水浴場が7月23日…

  2. 6757F71C-AF6A-43C0-82AD-F152E2F576FD
    【エコ】ミツロウでエコなラップを作ってみよう

    2020年7月1日から、レジ袋の有料化がスタートしました。この有料化は、本当にレジ袋が必要なのかを考…

  3. 牡蠣
    【豆知識】夏が旬の岩牡蠣!岩牡蠣と真牡蠣の違いは?

    最近はかなり蒸し暑くなってきていよいよ夏がそこまで来ているのを感じますね。夏になると食べたくなるのが…

  4. ⑪琴引浜1
    【京丹後】海開きのおしらせ

    新型コロナウイルスの影響で、あちこちで海水浴場が開設中止となる中、京丹後市では12の海水浴場が開設さ…

  5. 593B5B17-BB49-414B-BB36-46756F776781
    【#おうちで海活】暑い季節にぴったり!ばら寿司風そうめん…

    ムシムシと暑い日が続き、だんだんと夏の訪れを感じるようになりましたが、みなさま湿度に負けず元気にお過…

アーカイブ

  1. 2020年
  2. 2019年
  3. 2018年
  4. 2017年
海と日本PROJECT in 京都
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP