お知らせ

【与謝野町】京都府指定文化財で涼む かき氷

加悦町役場

与謝野町(よさのちょう)は日本海に面した町で、平成18年3月1日、加悦町(かやちょう)・岩滝町(いわたきちょう)・野田川町(のだがわちょう)が合併し誕生しました。かつては高級ちりめんとして名高い「丹後ちりめん」の生産地として栄え、現在も織物業が営まれている地域です。今も佇むちりめん産業に関連した建造物は、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、「ちりめん街道」として残っています。

 

ちりめん街道の起点 旧加悦町役場庁舎

  1. 大正レトロな外観の旧加悦町役場庁舎
  2. 文字は右側から書かれています
  3. 民芸品の紹介スペースも

「ちりめん街道」の起点に位置する旧加悦町役場庁舎。旧加悦町役場庁舎は、丹後大震災後の1929年に完成しました。設計は、宮津出身で、甲子園球場を設計した今林彦太郎氏(当時大林組設計部長)が担当し、当時の最先端の耐震技術で建てられました。1997年3月には京都府指定文化財に指定されています。

現在は、与謝野町観光協会の観光案内所として、与謝野町地域の観光情報の発信や、丹後ちりめんに関する品や資料の展示等がおこなわれ、この地を訪れる観光客には欠かせない場所となっています

 

ちょっと疲れたら喫茶室でひと休み

  1. 観光にきた人々にも地元民にも愛される憩いの場で一息
  2. 織物の紋柄を織り出すために使われる「紋紙(もんがみ)」で作られたカーテン
  3. 暑さに疲れた時は冷たくて甘いかき氷を食べて元気回復!

旧加悦町役場庁舎内には土日祝限定で営業している喫茶室、花皆憧(はなかいどう)があります。この花皆憧という素敵な名前の由来は「花というものは、皆が憧れる存在」というイメージからきたものだそう。

夏期限定のかき氷はやさしい甘さで、暑い中散策して疲れた体を癒してくれます。また、文化財に指定されているため、冷房設備が整っていない建物内でも涼しさを感じさせてくれます。

レトロな空間でほっと一息つきながら、旧加悦町役場庁舎の歴史に思いを馳せてみるのもいいですね。

 

旧加悦町役場庁舎(与謝野町観光協会)についての詳細はこちら。

 

 

関連リンク

  1. 料亭 ゆう月
  2. 海軍遊覧船①小
  3. SP345_1
  4. SP206_1
  5. 20181217_181217_0030
  6. SPE1_1

Pickup

  1. 料亭 ゆう月
    【グルメ】海の京都 旬の食材提供店紹介~春~(綾部・福知…

    シリーズでご紹介している、春の「海の京都 旬の食材フェア」。さむ~い冬が終わり、春の訪れを感じさせて…

  2. 海軍遊覧船①小
    【舞鶴】海軍ゆかりの港めぐり遊覧船

    日本海側屈指の港でもある舞鶴港。廻船問屋が栄える商港として、あるいは新鮮な魚介類があがる漁師町として…

  3. SP345_1
    【グルメ】海の京都 旬の食材提供店紹介~春~(宮津編②)…

    昨日ご紹介した、春の「海の京都 旬の食材フェア」。さむ~い冬が終わり、春の訪れを感じさせてくれるおい…

  4. SP206_1
    【グルメ】海の京都 旬の食材提供店紹介~春~(宮津編①)…

    先日ご紹介した、春の「海の京都 旬の食材フェア」。さむ~い冬が終わり、春の訪れを感じさせてくれるおい…

  5. 20181217_181217_0030
    【アクティビティ】【伊根】E-bikeで!伊根の見どころ…

    伊根湾沿いに約4kmにわたって舟屋が立ち並ぶ伊根町。舟屋は1階が船のガレージ・2階が居間となった建物…

 
PAGE TOP