お知らせ

【#おうちで海活】まるで海の中!?シュワシュワ海ゼリー

F27E3F0B-DE44-4F56-B31D-3303D0275479

全世界的に【stay home】が叫ばれ、自宅待機が余儀なくされている中、日本財団「海と日本プロジェクト」では、今は行きたくても行けない、「海」を身近に感じてもらえるように、自宅にいながら楽しく学べる、スペシャル企画が用意されています。自宅で海を感じられる企画がたくさんあるのでぜひチェックしてみてください。

海と日本PROJECT in 京都でも【#おうちで海活】に挑戦中!今回は、まるで海の中のようなゼリー作りにチャレンジ!見て楽しい、食べてもおいしいシュワシュワ海ゼリーです。

カラフルなゼリーを作ってみよう!

  1. 食用色素やかき氷シロップなどで色をつけましょう
  2. 色をつけて冷やし固めます
  3. カップの底には青色のゼリーを

少し作るのが大変なこのゼリーですが、好きな色や形で思い思いの海を表現することができます。ぜひ自分なりの”海”を思い浮かべて作ってみてください。

【用意するもの(2人分)】
・ゼリーカップ2つ
・耐熱容器(作るゼリーの色の数に合わせいくつか用意しましょう)
・粉ゼラチン10g
・水150cc(シロップで色を付ける場合はもう少し減らします)
・食用色素やかき氷シロップなど、ゼリーに色を付けれるもの
・透明のサイダー(甘みがついたもの)300cc
・アラザンやラムネなどのトッピング(あれば)
・魚やヒトデ型の抜き型(あれば)

色のついたゼリー部分には、食用色素やかき氷シロップなどで色をつけますが、もともと色のついたジュースなどをゼリーにしても大丈夫です。色付けに食用色素を使う場合、ゼリーに甘みはないのでお好みで砂糖を入れましょう。まずは色付きゼリーから作っていきます。

①耐熱容器と水150ccに粉ゼラチンを入れふやかし、電子レンジで80℃くらいまで加熱しゼラチンを溶かします。溶けたらカップの底の青色部分、海藻用の緑部分、魚用の赤色部分、黄色部分に分け、色を付けましょう。(魚や海藻の色はお好みで!)青色の部分以外は後で型を抜いて使うので5mm程度の厚さにして冷やし固めます。

②色付きゼリーが固まったら、カップに入れた青色ゼリー以外を容器から取り出し、型を抜いていきます。抜き型がない場合はナイフなどでカットしていきましょう。

 

思い思いの海を作りましょう

  1. こんな感じでペタッと張り付きます
  2. 上から見るとこんな感じ、底にはアラザンを散らしました
  3. 貼り付けた型が剥がれないよう、そっとゼリーを入れます

③型が抜けたら、カップの内側に貼り付けていきましょう。貼り付けたら一旦カップごと冷蔵庫に入れ冷やしておきます。

④その間にサイダー300ccにゼラチン5gを入れふやかし、電子レンジで80℃くらいまで加熱しゼラチンを溶かし、その後冷めるまで待ちます。粗熱が取れたら5分ほど冷蔵庫に入れ、少しトロッとしてきたら③のカップと一緒に取り出します。

⑤型を貼り付けたカップにサイダーのゼリーをそっと流し込んでいきます。再度冷蔵庫に入れ、2時間ほど冷やし固めます。この時サイダーゼリーが余ったら一緒に冷やし固めておきましょう。

⑥完全に固まったら完成!

完成したらおいしくいただきま〜す!

  1. 星型のカラーシュガーも入れてみました
  2. 余ったサイダーゼリーはクラッシュして上に乗せても!

完成したらしばらく眺めてからいただきましょう。ちょっと食べるのがもったいなくなっちゃいますよね…。余ったサイダーゼリーをフォークなどでクラッシュして上に乗せるとより涼しげな感じになりますよ!今回はゼリーカップで作りましたが、分量を変えて大きな透明なボウルなどで作っても豪華で楽しいですよ〜。

みなさんもぜひ、カラフルで楽しいシュワシュワ海ゼリーを作ってみてくださいね。

  • 「【#おうちで海活】まるで海の中!?シュワシュワ海ゼリー」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/article/?p=1919" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 593B5B17-BB49-414B-BB36-46756F776781
  2. 2da13421f2b69fc588400acbd82bf645_s
  3. 3250130_s
  4. 3431330_s
  5. 5D678BB0-D167-498D-85E8-733D8F3CB26A
  6. E610C79D-AA8C-4A5F-BE30-D832E39E829F

Pickup

  1. 593B5B17-BB49-414B-BB36-46756F776781
    【#おうちで海活】暑い季節にぴったり!ばら寿司風そうめん…

    ムシムシと暑い日が続き、だんだんと夏の訪れを感じるようになりましたが、みなさま湿度に負けず元気にお過…

  2. 2da13421f2b69fc588400acbd82bf645_s
    【夏の京都グルメ】夏の京都といえば!「鱧」

    7月の京都といえば「祇園祭」。7月17日の山鉾巡行が有名ですが、実は祇園祭は7月1日から31日の1ヶ…

  3. 3250130_s
    【豆知識】半夏生にタコを食べるのはなぜ?

    いよいよ6月も終わりに近づき、7月がやってきます。7月の頭といえば半夏生。関西を中心に京都の一部地域…

  4. 3431330_s
    【夏の京都グルメ】初夏の味覚「鮎」

    「鮎(あゆ)」といえば、初夏の京都を代表する味覚の一つ。海から遠かった京都の中心部では、川魚や琵琶湖…

  5. 5D678BB0-D167-498D-85E8-733D8F3CB26A
    【#おうちで海活】紙コップで作ろう!くるくる水族館

    全世界的に【stay home】が叫ばれている中、日本財団「海と日本プロジェクト」では、今は行きたく…

アーカイブ

  1. 2020年
  2. 2019年
  3. 2018年
  4. 2017年
海と日本PROJECT in 京都
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP