お知らせ
2024.03.14

【海と日本プロジェクトin京都 × 京都水主の里本舗】          京都の海の美味しさが詰まった京とうふ

海プロオリジナル商品開発 京とうふ

京都には多くの特産品がありますが、その中で有名なのが「京とうふ」。室町時代に京都から全国へ広がったと言われており、今は京ブランドの認定食品です。

海と日本プロジェクトin京都では、水と原料、そして手づくりにこだわった京とうふ、京あげを全国に販売している「京都水主の里本舗」とコラボレーションし、「海と日本プロジェクトオリジナル塩豆ふ」を企画いたしました。3月25日(月)から、近畿エリアを中心に発売、順次販売エリアを拡大して参ります。国産大豆100%、鳴き砂で有名な京都丹後の琴引浜の塩を使用したお豆腐です。

この企画は、次世代へ豊かで美しい海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。
全国的に有名な「京豆腐」を「海と日本プロジェクト」とコラボした商品に仕上げ、全国に販売。地元 京丹後琴引の塩をアレンジした「塩豆腐」に海プロオリジナルパッケージを施し、海プロのメッセージを全国にお届けします。

京都 錦小路 そや 

  1. 京都 錦小路 そや の「塩豆ふ」
  2. 京都 錦小路 そや の「とうふのおだし」
  3. ごちそうフェスティバル2023 でも販売しました

京都府京丹後市網野町にある琴引浜は、全長1.8kmの「鳴砂(なきすな)」の浜として有名なビーチで、日本の音風景百選、日本の渚百選、日本の青松百選など数々の百選に選ばれています。琴引浜は名の通り「キュッキュッ」と琴のような音が鳴ることで知られています。この音は琴引浜の砂に多く含まれる石英が、美しい日本海の海水を通し、綺麗な状態が保たれることで鳴るのです。

そんな琴引浜近くで海水を汲み上げ、伝統的な平釜製法で炊き上げている塩をブレンドしている塩豆ふ。つるんとしたのど越しで、弾力のあるしっかりめのお豆腐。味は塩味もほんのりで、大豆の味を感じられるお豆腐です。

そんなきれいな京都の海のおいしさ満載の「塩豆ふ」を数量限定で販売致します。

・販売者:有限会社京都水主の里本舗 

     京都府城陽市水主塚の木30-1

・品名:京都錦小路 錦そや 塩豆ふ

・価格:230円(税別)

・販売開始日:2024年3月25日(月)

・販売エリア:近畿エリア、関東エリア~九州エリア(発売日より随時エリア拡大)

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

【海水浴】夏こそ、京都の海を楽しもう!丹後エリア①
お知らせ
2024.07.24

【海水浴】夏こそ、京都の海を楽しもう!丹後エリア①

【海水浴】夏こそ、京都の海を楽しもう!網野エリア②
お知らせ
2024.07.23

【海水浴】夏こそ、京都の海を楽しもう!網野エリア②

ページ内トップへ