番組情報

「吉原の万灯籠」~海神への祈りを水上に浮かぶ炎に託して~

吉原キャプチャ・トップ

京都市内で五山の送り火が灯る毎年8月16日の夜、舞鶴湾でも火に祈りを込めた伝統行事「吉原(よしわら)の万灯籠(まんどろ)」が行われます。「吉原の万灯籠」とは、どのような行事なのでしょうか?

次代へ継承したい、300年の歴史を誇る伝統行事

  1. 長い竹に細工してつくる万灯籠
  2. 竹は縄でしっかりと固定します
  3. 祭への想いを語る、吉原万灯籠保存会会長の志賀慶介さん

京都府北部に位置する舞鶴湾は、古くから海の交通の要所として栄え、日本でも有数の漁場として地域に海の恩恵をもたらしてきました。吉原(よしわら)もまた、舞鶴湾の恵みとともにある地域です。

今から300年ほど前、舞鶴湾にクラゲが大量発生して漁ができなくなった際、吉原の漁師たちは魚の型をした高さ約18mの竹でつくった舟型の万灯籠(まんどろ)を水中に立てて回し、海神の怒りを静めようとしました。
これが、毎年8月16日の夜に行われる大漁祈願のお祭り「吉原の万灯籠」の起源。京都府無形文化財にも指定されています。「地元民の気持ちがひとつになる行事」と話すのは、吉原万灯籠保存会の会長、志賀慶介さん。未来へも継承したいと、子どもたちに願いを託します。

神火は町を駆け抜けて、やがて水上に浮かぶ

  1. 地元・愛宕神社の神火を松明に宿して
  2. 町を走り抜けた炎がいざ水辺へ
  3. 掛け声とともに持ち上げられる万灯籠

午後7時。地元の神社から授かった神火を、青年たちが松明に点火。万灯籠が待つ伊佐津川(いさづがわ)まで、火を絶やさないよう町中を走ります。
川に到着するといよいよ万灯籠に火が灯り、勇ましい掛け声とともに一斉に持ち上げられます。水上に立つ万灯籠と闇に揺らめく炎は、勇壮かつ幻想的な光景です。

吉原の漁師たちにとって、海は人生の一部。彼らは古くから海に生かされてきたと感じています。これからも共存していくために、美しい海を保っていきたいと強く願っているのです。

 

人と海の共存関係に、改めて向き合う

  1. 海に生かされてきた吉原だから

地元を離れて他の街に暮らしていても、この時期は帰省して祭りに参加する人が多いといいます。「吉原の万灯籠」は伝統行事であるとともに、地域の人々にとっては、身近な海と改めて向き合い、感謝する大切な機会なのかもしれません。

この内容は、8月31日(木)にKBS京都「おやかまっさん」(10:30~11:55)で放送されました。
後日YouTubeにもアップ予定ですのでお楽しみに!

Pickup

  1. thumb2
    【京丹後】聖徳太子と縁の深い地、網野町間人

    様々な奇岩や絶景など美しい自然を楽しむことができる京丹後市の網野町(あみのちょう)は、聖徳太子と縁の…

  2. さばける塾
    【京都市】海と日本 さばける塾in京都

    “魚をさばく”という行為は、自らの手でその命に触れ、海の恩恵に想いを馳せる、日本古来の技法であり、そ…

  3. s_棚田、場所:新井
    【伊根町】「新井の棚田」稲刈り体験

    伊根町にある新井(にい)の棚田では「伊根と新井の千枚田を愛する会」主催による、新井の棚田の稲刈り体験…

  4. 5f66e6665f275e8ac4f756fb0ab1bb9d_s
    「マリンチャレンジプログラム」~次代の海の研究者~

    次代を担う若い世代が海に関心を持ち、課題解決に取り組む力を育んでほしい。そんな想いから、日本財団と株…

  5. top
    【グルメ】海の京都 旬の食材提供店紹介~秋~(宮津 編)…

    海の京都の旬が味わえる、「海の京都 旬の食材フェア」。この季節は秋が旬のアマダイ(ぐじ)、アオリイカ…

PAGE TOP