お知らせ

海ではルールとマナーを守りましょう

PH669_1

 海は、みんなのもの。きれいな海を未来に残すため、海で遊ぶときはルールとマナーをきちんと守りましょう。
 普段は地元の住民のみなさまがビーチをきれいにしてくださいます。感謝をするとともに私たちもできることをやりましょう。

車の駐車には気をつけて

  1. 駐車禁止と表示がなくても注意しましょう
  2. 「京丹後ナビ」のバナーからチェックできます

何もない場所だからといって勝手に車を止めてはいけません。
あなただけではありません。他の人も同じことをします。地元の人への大変な迷惑行為です。
無断駐車・路上駐車は絶対にやめましょう。車は決められた場所に!!  

駐車場がなかなか見つけられないという方へ
京丹後市では海水浴場の駐車場混雑状況をホームページで見ることができます。 ぜひ活用してくださいね。

ごみは出さない、捨てない、持ち帰る

  1. 持ってきたものは持ち帰りましょう
  2. ゴミも持ち帰りましょう

マイボトル・マイ箸などをつかうことでゴミそのものを減らせます。出かける前に、ゴミそのものが出ないように工夫しましょう。
自分で出したごみは自分で持ち帰ることが最近のマナーです。
花火・バーベキューなど、楽しんだあとは、きちんと後片付け、思い出と一緒にゴミも持ち帰りましょう。ペットのふんにも注意してくださいね。

 

置き忘れ 忘れ物に注意

  1. マスクは外したら置き忘れに注意しましょう
  2. その辺に置いて忘れないで

ついうっかり置きっぱなしが案外あるものです。帰るときは忘れ物がないように
特に今の時期は、マスクに注意しましょう!

 

  • 「海ではルールとマナーを守りましょう」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/article/?p=2641" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. かまぼこ
  2. koto
  3. こっぺ1
  4. IMG_9142
  5. Banks_Cup_2016
  6. 経ヶ岬灯台

Pickup

  1. かまぼこ
    【舞鶴名産 御蒲鉾】嶋七×海と日本プロジェクトin京都コ…

    海と日本プロジェクトin京都は、老舗かまぼこ店「嶋七」とコラボレーションし、古くから親しまれる名産「…

  2. koto
    【海洋ゴミ】海洋ゴミ問題に対して何ができるのか

    「海と日本PROJECT in 京都」ではこれまでもこれからも「海の豊かさ」である「海辺の素晴らしい…

  3. こっぺ1
    【カニ漁解禁】コッペガニ(ズワイガニメス)に注目!!

    「ズワイガニ解禁日」のニュースが、38年ぶりのタイガース日本一が重なった影響で、かき消されるのではな…

  4. IMG_9142
    【2023年カニ漁解禁直前】ズワイガニの豆知識

    2023年11月6日はカニ漁解禁日です。カニ漁解禁日を目前に、今年もカニ尽くしやカニ食べ放題…

  5. Banks_Cup_2016
    【サーフィンと海】banks SURF CENTER

    サーフィンといえば、2020東京オリンピックで初めて実施され、日本人がメダルを獲得したことが記憶に新…

海と日本PROJECT in 京都
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://kyoto.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 京都</a></iframe><script src="https://kyoto.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP