番組情報

環境スポーツイベント「由良川・大江山 SEA TO SUMMIT 2017」~前編~

キャプチャ・トップ

日本海に面した由良川(ゆらがわ)の河口から大江山の山頂までは、距離約48キロ。標高差は832メートルあります。この距離をカヤック、自転車、登山と、人力だけで走破するイベント「由良川・大江山 SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) 2017」が、9月30日(土)・10月1日(日)にかけて開催されました。ただ体力勝負の過酷なだけのスポーツイベントというわけではなく、開催の背景には大切なメッセージが託されています。まずはイベントの前編として、初日の様子を取材しました。

改めて見直そう、人と自然のかかわり方

  1. 自然を体感しながら山頂をめざす
  2. SEA TO SUMMIT連絡協議会理事長・モンベルグループ代表の辰野勇さん
  3. NPO法人 森は海の恋人理事長の畠山重篤さん

2009年、鳥取県の皆生・大山大会から始まり、2017年は全国で12大会が催された「SEA TO SUMMIT」。海から山へ。人力で移動することで、人と自然とのかかわり方を改めて見直そうというコンセプトがあります。
SEA TO SUMMIT連絡協議会の辰野理事長は「カヤックで海から山頂をめざせないかと思って始めたが、やっているうちにいろんなものが見えてきたと話します。それは、海の環境には森や山の環境が深く関わっているということ。そして、牡蠣の養殖業を営みながらNPO法人「森は海の恋人」を立ち上げた畠山理事長の名が挙がります。漁師仲間と広葉樹を植える活動を始めた、環境活動のパイオニアです。「畠山理事長が40年近く取り組んできた、海と里山の環境を考えるイベントにしたい」と、辰野理事長の想いがあふれます。

本番前に、まずは環境について考えるシンポジウム開催

  1. 水の流れをさかのぼる大会コース
  2. シンポジウムが開催されたあやべグンゼスクエア
  3. 京都産業大学現代社会学部の鈴木康久教授が基調講演

コースは海、里、山の3ステージ。舞鶴市神埼海水浴場でのカヤックに始まり、その後は由良川沿いを自転車で移動。最後は登山で、大江山の頂上をめざします。
イベント初日は、あやべグンゼスクエアで環境シンポジウムが開催されました。海・里・山の環境をいろんな角度から、いろんなスピーカーが講演。「まずは環境について考え、翌日の本大会でいい汗を流しながら自然に親しんでほしい」と辰野理事長は話します。そんなコンセプトゆえに、イベントは2日間に渡って開催されているのですね。

つながり、影響しあっている海・里・山の環境

  1. 水蒸気に煙る山並みに自然の営みを想う

海からの水蒸気が雨となり、山から川へ流れ、再び海へと還っていく。水の流れをたどるルートで、自然の循環に想いをめぐらすスポーツイベント。海と山、そして人も、互いにつながり、影響しあっていることを体感する大会本番は、後編でご紹介します。

この内容は、11月8日(水)にKBS京都「おやかまっさん」(11:00~11:55)で放送されました。
後日YouTubeにもアップ予定ですのでお楽しみに!

Pickup

  1. キャプチャトップ1
    漁業者から消費者へのメッセージ「海のエコラベル」

    商店やスーパーマーケットの鮮魚売り場で、青いラベルを目にしたことはありませんか? 今回は、鮮魚に貼ら…

  2. 冬グルメ
    【グルメ】海の京都 旬の食材提供店紹介~冬~(宮津 編)…

    先日ご紹介した、冬の「海の京都 旬の食材フェア」。さむ~い冬ですが、旬のサワラ、寒ブリ、アカモクなど…

  3. キャプチャ
    【グルメ】海の京都 旬の食材を味わおう!~冬~

    京都府北部の海の京都エリアでは、「海の京都 旬の食材フェア」を実施。旬の食材を地元で食べていただくこ…

  4. キャプチャ・トップ候補②
    海の恵み、魚を上手にさばいておいしく食べよう!「さばける…

    家庭で魚をさばく機会が減ったといわれる、最近の日本の食事情。そこで魚の調理法を学びながら、貴重な恵み…

  5. キャプチャ
    【京丹後】日帰り温泉情報②【温泉】

    丹後半島にある京丹後市には、日帰り温泉がたくさんあります。以前ご紹介した温泉に続き、今回は2つの温泉…

PAGE TOP