イベント

【京丹後】第2回こまねこまつり

s_こまねこまつり1_170828_0025

「猫」と「丹後ちりめん」をキーワードに、丹後の人と猫のつながりに思いを馳せて、時空を超えたまちあるきを楽しむイベント「こまねこまつり」が開催されます。
「こまねこ」って??漢字では「狛猫」と書きます。「狛犬」なら神社でよく見かけますが、「狛猫」は見たことない!という人が多数ではないでしょうか?そして、「猫」と「丹後ちりめん」にはどのようなつながりがあるのでしょうか・・・?

丹後と猫との深いつながり

  1. 木島神社の狛猫。反対側の狛猫は「ウン」と口を閉じています
  2. 多くの人で賑わう金刀比羅神社の境内
  3. 木島神社では神事も行われます

京丹後市の峰山町は江戸時代より機織で栄えた町で、丹後ちりめんの産地としても有名です。ここでは、絹糸を生み出す蚕をネズミから守ってくれる猫が大切にされてきました。猫は養蚕になくてはならない存在でもあったのです。金刀比羅神社の境内にある木島神社は地元の糸商人や養蚕家たちによって京都市内から峰山の地へ迎えられたもので、そこには狛猫が鎮座しています。
狛犬は多くの神社に鎮座していますが、狛猫は全国的にもかなり珍しいそうで、今も地域の守り神として地元の人々に親しまれています。(全国の稲荷神社には狛狐が鎮座していますよね。実は狛○というのは犬以外にもけっこう色々な動物がいるそうで、福岡には狛鯰が鎮座している神社もあるのだとか。)

 

猫づくしのさまざまな企画とまちあるきを楽しんで

  1. まちなかエリアのあちこちにはアート作品が展示されます
  2. 木島神社のお守りや絵馬も狛猫!!

このように、丹後の人々と猫の間には、古くから深いつながりがありました。「こまねこまつり」当日は、飲食の他にもアートやワークショップ、ミニコンサートなど、様々な企画も実施されます。丹後の人々と猫とのつながりを感じながら、のんびりまちあるきを楽しみましょう。

イベントの詳細はこちら。

イベント名第2回こまねこまつり
日程9月17日(日) 10時~16時
場所京丹後市峰山町
主催こまねこまつり実行委員会
協賛羽衣ステーション・峰山飲料組合
協力金刀比羅神社・京都丹後鉄道・丹後織物工業組合・㈱吉村商店

Pickup

  1. ★IMG_0890_-_865KB
    【有楽町】【グルメ】「おいしい舞鶴お味見フェア」が東京で…

    海の京都・舞鶴のおいしい地酒やお茶などの名産品が味わえる「おいしい舞鶴お味見フェア」が東京・有楽町で…

  2. キャプチャ・トップ (3)
    丹後の「人」と「海」に愛され続ける鉄道

    海に面した京都府北部には、舞鶴市や宮津市など海と深いかかわりを持つ街がたくさんあります。その京都府北…

  3. キャプチャ・トップ (2)
    日本三景発祥の眺望がひろがる「海の参詣道」

    京都府北部、若狭湾に面した宮津市は古くから日本海沿岸の交易拠点として栄えてきました。宮津湾に伸びる天…

  4. 冬グルメ
    【グルメ】海の京都 旬の食材提供店紹介~冬~(京丹後・綾…

    先日ご紹介した、冬の「海の京都 旬の食材フェア」。さむ~い冬ですが、旬のサワラ、寒ブリ、アカモクなど…

  5. キャプチャトップ1
    漁業者から消費者へのメッセージ「海のエコラベル」

    商店やスーパーマーケットの鮮魚売り場で、青いラベルを目にしたことはありませんか? 今回は、鮮魚に貼ら…

PAGE TOP